大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

校長あいさつ

姫野秀樹 校長
大分県立大分上野丘高等学校

校長  姫野 秀樹

 4月から大分上野丘高校第26代校長として赴任いたしました姫野秀樹と申します。昭和54年に第31期として卒業した後、41年ぶりに母校に戻ってまいりました。校歌「みはるかすくに」を生徒たちや先生方と一緒に歌うことができる喜びとともに、135年の長きにわたり大分県の進学を牽引し、国内外に多くの有為な人材を輩出してきた伝統ある大分上野丘高校に勤務することの責任を感じているところでもあります。

 本年度の教育目標を「実力と気品とたくましさの体現」とし、自分の頭で考え、柔軟な発想でビジョンやアイデア等を創造することができる「実力」、思いやりの心を持ち、多様な価値観を受け入れ協働して取り組むことができる「気品」、困難な課題に対し、自分らしく、解決に向け粘り強く取り組むことができる「たくましさ」を身につけ、誰一人取り残さない持続可能な社会の実現のため、果敢に挑戦することができる自立した人材の育成に向け、生徒、教職員が一体となって取り組んでまいりたいと考えています。

 諸先輩方、取り組みに対し、引き続きのお力添えをいただければ幸いです。

 父(昭和40年代に生物教員として勤務)、長男(62期、野球部)と、三代にわたりお世話になった母校のため、生徒たちが、伝統の文武不岐を実践し「質実剛健」の校風をしっかりと受け継ぎ、そして、グローバル社会のリーダーとして、ふるさと大分や国内外の多様な課題の解決に向かって、大空高く羽ばたけるよう尽力してまいります。 どうぞよろしくお願いいたします。

2020.4