大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

在京同窓会シリーズ(2)

(2012.02.28 掲載)

 2012年在京同窓会の感想』

 

花田 敬(32期)

 

在京大分中学・大分上野丘高校同窓会 事務局長

 

事務局長となって初めての在京同窓会の新年会でした。

何をどのようにしていいのか、わからない状態で1日が過ぎたような気がします。

 

少し振り返りますと、日時、会場、2次会会場を決めたり、名簿やネームプレートを作ったり、と大変でしたが、皆さんのご協力で何とか間に合わせることができました。

実は、当日、受付開始の直前までネームフォルダーが足りないといトラブルがあり、ヒヤヒヤでした。

 

さて、参加者募集をして驚いたことは、希望者が多かったことです。最終的に約100名の同窓生が参加し、2次会も47名と予想を上回りました。ここでもトラブル発生。2次会は例年多くても30名ぐらいだったので、40名で予約していたのです。

「少なくなったら申し訳ない」とお店の方に事前にお電話していました。しかし、47名の2次会参加者でした。2次会参加者の皆さんには申し訳なかったのですが、キチキチでお座りいただきました。こんな状況でも「学生と社会人がコミュニケーション取りやすかった」というご意見も頂きました。 この一言は嬉しかったです。

 

同窓会のいいところは、「皆がボランティア、年齢関係なく、共通の話題で話せる」ことだと思います。

616日(土)には目黒雅叙園で在京同窓会があります。

皆さんが楽しめる会にしたいと思います。

  

写真12次会でピースサインの龍原会長

2次会でピースする龍原会長.在京同窓会.jpg

写真2:受付を手伝う女子大生

 

受付を手伝う女子大生.jpg在京同窓会.jpg写真3:大先輩と大学生が仲良く会話するぎゅうぎゅうづめの2次会。

 

大先輩と後輩.jpg