大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

リレー執筆(11) 『3番目に若いテーブルから』

(2012.01.05 掲載)

リレー執筆(11) 『3番目に若いテーブルから』

 

 

Cテーブル .jpg 

 広報チーム懇談会で、たまたまお隣に座っていた方のお嬢さんと私の息子が58期で同期ということがわかり、楽しくお話させていただきました。また反対側のお隣が兄(30期)の同級生の方で、こちらも久しぶりにゆっくりとお話が出来、上野丘の縦のつながり、横のつながりを楽しんだひと時でした。

 

 2012年の全体同窓親睦会、楽しみにしています。

 

宮崎敬子(32期)

 

 他の場所でお会いしたら緊張してしまいそうな人生の先輩方や会うご縁さえなさそうな若い後輩の皆さん。ただ上野丘高校同窓生という繋がりだけなのに何故か手探りなしでの信頼感とリラックスが得られる。今回の同窓会親睦会もまたそんな稀有な場所なのでした。

 

 いつも不思議に思うのですが、初対面の方が多くてもすぐにそこここで暖かな笑いの渦が巻き起こっています。上野丘マジックでしょうか?

 

 2012年の全体同窓親睦会もまた間違いなくそんな素敵な場となることでしょう。多くの方が上野丘マジックのステージに参加して頂けるといいなぁと思います。

 

後藤久仁子(32期)

 

 まるで親~子~孫のような、幅広い世代が一堂に会す貴重な機会に恵まれました。また、同じテーブルを囲んだのは、兄弟姉妹のような年代の近い方々で、和気藹々とした楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 

 30期と言えば、全体のほぼ真ん中あたり。

お元気で前向きな先輩方の姿に、まだまだ頑張らなくてはと刺激を受けつつ、ヤル気に溢れる若き後輩の存在に、頼もしさを感じたのでした。

 

 何はともあれ、「上野丘同窓生」という共通項で繋がる絆が実感できる機会を、今後もっともっと多くの方々に持っていただくために、広報チームの一員として、微力ながらお手伝いできればと思います。

 

志藤聡子(30期)

 

 

 何よりも和気あいあいの中、少々の先輩風を吹かせながら後輩諸氏との会話が楽しく、後を引く時間でした。これからも役に立てる事があれば、仲間に入れて下さい。

 

藤本理恵子(25期)

 

 はじめて参加しましたが、楽しい時間をありがとうございました。なにより上高同窓生の絆を強く感じました。この素敵な輪が、さらに大きくなるようお手伝いできればと思います。

 

手嶋利子(25期)