大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

リレー執筆(3)同窓会誌編集委員会から

(2011.12.19 掲載)

『同窓会誌編集委員会からのご報告』

 

(広報委員 記)

 

 高井道晴編集長(20期、写真)が同窓会誌31号(今春、発行)を片手に、ウィットとユーモアを織り交ぜながら説明をして下さいました。

今回の懇談会には編集委員の長野晴美さん(48期)、山田泰子さん(48期)が参加していることもご紹介いただきました(下段に編集委員全員のお名前を紹介します。)

 高井さん写真.jpg 

 高井編集長のお話の内容、および広報チームの取材情報を要約しますと、次のようになります。

 

   この同窓会誌「上野丘」は31年の歴史があり、現在編集中の会誌は32号になります。このような長い歴史を有し、内容の充実した同窓会誌は全国でも稀な存在です。

 

   毎年7月から編集会議を定期的に開催して次号の企画と執筆者を決め、年末には脱稿して2月末の卒業式で卒業生全員に配布します。(若い参加者の間から「私達も受け取ったはずだけど、卒業式直後の受験や引越しの慌ただしさに紛れて気がつかなかった。」という声が挙がっていました。)

 

   次回の32号では大学生による投稿のページを設けて、若い世代にも関心を持っていただけるように工夫したそうです。甲子園に出場した野球部員の近況報告も掲載予定です。

 

   広報チームのパワーを借りて、同窓会誌の購読者数を増やしたいと希望しておられます。

 

* 価格は1部700円、送料150円(別途)。

  申し込みは、高校事務局

info@uenogaoka.jp)、またはこの

HPのトップページ右上の「お問い合わせ」の欄からできます。

 

* 2011年度(今春)発行の31号の在庫があるそうです。

 

 

[ 同窓会誌編集委員 ]

 

佃 哲男(3期)、岩井 成道(12期)、篠永 朋子(13期)、新名 友子(15期)、高井 道晴(20期、委員長)、仲町 優(37期)、長野 晴美(48期)、山田 恭子(48期)、田嶋 千恵(52期)、渋谷 優子(52期)、宇佐美 先生(高校教諭、31期)、丸尾 先生(高校教諭、31期)植木靖重(高校事務局)

 

【次回予告】

 中村吉則ホームページ運営委員長(20期)のメッセージです。