大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

『二人の後輩の頑張り』

(2011.12.16 掲載)

『二人の後輩の頑張り』 

 

34期 藤島義夫          

 

 上高ラグビー部OBとして、また現役生徒の保護者として在校生の頑張りを紹介させて頂きます。

 

 メディアでも紹介されました、上高3年生の綾部敏士くん(ラグビー部)と奈須広樹くん(サッカー部)です。

二人とも幼い頃から、少年ラグビースクールや大分トリニータユースで 活躍してきたスポーツマンでしたが、突然、綾部くんは昨年秋に悪性リンパ種を、奈須くんは今年の初めにがんを発病しました。

 

 若い二人にはショックだったはずなのに、二人とも、大好きなラグビーやサッカーをもう一度仲間とやりたいと、きつい治療やつらいリハビリをこなし、この秋の高校生最後の全国大会大分県予選に出場しました。

 

 病気の治療自体大変なのに、試合に出る気力・体力をとり戻す大変さは、想像を絶するものだったと思います。

彼らは今回のことで、支えてくれた周りの方や仲間との絆の大切さが、困難に立ち向かう原動力になったと言ってます。

現実を直視し、困難に立ち向かう大切さを、改めて後輩に教えてもらったような気がします。

ラグビー写真.jpg 

あらためて、がんばろう!!