大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

ウェルカム先輩講座の感想 OBS大分放送アナウンサー石川正史

(2013.02.21 掲載)

ウェルカム先輩講座の感想

 

47期卒業生(19953月卒業)

OBS大分放送アナウンサー石川正史(いしかわまさし)

 

石川プロフィール写真 005.jpgOBSには、現在、上野丘高校出身のアナウンサーが、私を含めて4人在席しています。その中で最年長の私が今回は講師として母校にお邪魔しました。

 

講座の前に校舎内を見学させて頂きました。今でも定期的に、部活動の取材などで学校にはお邪魔しているため、最近の学校全体の雰囲気などは何となく知っていましたが、校舎の3階や4階の教室や中庭など、卒業以来立ち入ったスペースでは、私が通っていた18年前の面影が随所に残っていて、「文化祭の前にはここでクラス展示を作ったな」とか「3限目が終わったらここを通って食堂にパンを買いに行っていたな」とか「ここのトイレ掃除してたな」などと次々に思い出して、とても懐かしいなあと感じました。一方で、渡り廊下スペースに学習机が配置されていたり、掲示板に気持ちを鼓舞するようなポスターが貼ってあったりと、学習する環境がさらに進化しているんだなとも感じました。

 

講座では、私が出演している番組の映像や音声を視聴しながら、放送局の仕事、アナウンサーの仕事についての話をしました。

また、高校時代、大変な思いをしながら、どうしてこんなに勉強しなければいけないのか、などの話も、私個人が考えることをお話しました。

現役生のみなさんは、私の話に真剣に耳を傾けていました。私が話をしている間、目をそらすこともありませんでした。

この集中力や、いろいろなものを吸収しようとする姿勢というのは、私が在学していたころよりもはるかに上回っているように感じました。

 

今回、1回だけの講座、50分間だけの講座でしたが、私の話が、今後の勉強の励みや、将来の目標に向かってのお手伝いに、少しでもなったのであれば幸いです。

 

今でも仕事を通じて、部活動はもちろん、各分野での現役上野丘高校生の活躍に触れる機会が本当に多くあり、そのたびにうれしく感じています。

これからも、勉学や部活動、学校行事にそれぞれ全力投球し、それぞれの夢に向かって一歩ずつ進んでほしいです。