大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

『全体同窓親睦会の新旧幹事交流会/最終回~円陣と校歌~』

(2012.11.05 掲載)

『全体同窓親睦会の新旧幹事交流会/最終回

~円陣と校歌~』

 

同窓会広報委員長 上尾裕昭(20期)

 

1ヶ月前の全体同窓親睦会で「円陣と校歌」を味わった幹事メンバー全員が、「あの感動を、今夜、もう一度」と思っていたようです。

 

あの時のヒーローだった応援団OBの二人(35期の芦原孝治君と森達男君)がステージに上がると、全ての参加者は従順な生徒になりました。

芦原君の説明に聞き耳を立て、森君の伸びやかな声に従って無心になって右手を突き上げます。

肩を組んで、声を張り上げての校歌斉唱。

年齢差も男女差も忘れ、全員が「同窓生」として時が流れて行きました。

 

こうして新旧幹事交流会は盛り上がりと笑顔の中で閉会となりました。

この勢いは来年の全体同窓親睦会2013810日)まで続きそうです。

 

「開催6ヶ月前の準備会」「当日」「1ヶ月後の新旧幹事交流会」の3点セットが定着すると、同窓会の輪は雪だるま式に膨れ上がるに違いありません。

 

そして、この夜の2次会で若手メンバーが「39才以下の同窓会」構想を練り上げ、3ヶ月後の916日には150名の若手の会(U-39会)を実現させることになります。

 

DSCN1642.jpg 

DSCN1649.jpgDSCN1653.jpg(次のシリーズでは、若手の「U-39会」を紹介します。)