大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

一世紀の青春「大分・上野丘高校物語」より

(2012.10.09 掲載)

プロローグ

P1

新し時代への糧に

 

青春。この言葉に人は何を思うだろう。燃ゆる希望と情熱か、あるいは屈辱と辛酸の日々か。卒業式のシーズンを迎え、各地で多くの若者たちが学窓を巣立って行く。楽しい思い出も、つらかった出来事も、みんな卒業の二文字に凝縮され、昇華して。大分市の上野丘高校とその前身の大分中学も、これまで二万余の卒業生を送り出した。質実剛健の建学の精神に学んだ多くの卒業生たちは、政治、経済、文化、スポーツなどあらゆる分野に雄飛し、キラ星のごとく活躍している。こられの一人一人の青春の息吹が、一世紀近い風雪に耐えた碩田の丘に、いまも変わらぬロマンを奏でている。いたずらに過去の伝統を墨守するのではなく、新しい世代が新しい時代を切り開く糧に・・・。それは荒廃した現代の教育への問い直しにつながるかもしれない。そんな願いから、このドラマはスタートする。

 

 

一世紀の青春

1979年3月26日 著者 中川 茂