大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

全体同窓親睦会2012 紙上収録:『幹事の声 ~司会・進行係~』

(2012.08.04 掲載)

全体同窓親睦会2012 紙上収録:

『幹事の声 ~司会・進行係~』

このたび、全体同窓親睦会の司会を務めさせていただき大変光栄に思っております。大先輩を前に緊張の連続では...との思いで臨みましたが、開会の前にいただいた諸先輩からの激励が緊張を解きほぐしてくださり、温かな雰囲気の中で楽しく進行させていただきました。
同じ学校の先輩後輩という肩書き抜きの関係で集まることの素晴らしさを実感したような気がいたします。
無事に司会の大役を務めることができましたのも、準備を万端に行ってくださった上尾、中村両先輩をはじめ幹事グループの皆様のおかげです。ほんとうにありがとうございました。
平居 真須美(25期)
1DSCN1539.jpg

私達25期から司会として平居真須美さんを推薦させて頂きました。彼女の司会は同期からみても大変満足できる内容だったと自負しております。残り25期二名は大先輩方のサポートをさせて頂きましたが、事前にご挨拶させて頂き内容確認をさせて頂けたのは良かったと思っています。
さて会の感想ですが、20代から93歳まで老若男女が集い素晴らしいの一言。大先輩からは温かい励ましの言葉を頂き、後輩からは熱い情熱の言葉を貰い、忘れていたひたむきさを思い出させてもらいました。
日々の生活に追われる中、ひとつの句読点のような会となり、明日への活力となりました。横糸だけではなく縦糸もしっかりしたと、嬉しく思っています。
後日、講演者の石松君とFB仲間になり、若い方の色々な意見を聞かせて頂き、目を開かせて貰っています。新しい扉を開けるには自分でノックしなければ一歩を踏み出せないんだと痛感しました。
最後に何から何までお世話になり、ご指導して戴いた上尾・中村先輩に感謝します。
藤本 理恵子(25期)
大分中学、第一高女、第二高女、碩友会の大先輩方のスピーチのお手伝いをしました。「こんな場所で話をするのは最後かもしれないから思い切ってやりましょう。」とマイクを持って下さった時、たいへん嬉しく思いました。同窓会の帰り際、大先輩のご婦人が私に「こんな機会があったら、また来ますよ!」と言ってくれたことに感動しました。ありがとうございました。
手嶋 利子(25期)
2テーブル(24,25、26期).jpg