大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

全体同窓親睦会2012 紙上収録:『幹事の声 ~受付係~』

(2012.07.17 掲載)

全体同窓親睦会2012 紙上収録:

 

『幹事の声 ~受付係~』

 

20期.jpg 

2007年 トキハ会館での60周年大同窓会の説明会から始まり、

2008年 ドームまでの実行委員会、打ち上げ

2009年 甲子園の寄付集めの会

2010年 甲子園文集作り、発送作業の会

2011年 広報チーム懇談会

2012年 初めての全体同窓親睦会

ありとあらゆる会の受付よくやりました。皆勤賞ですよ!!

 

おかげでいろんな期の方とお友達になり、上高同窓会女子会(??)も出来るほどになりました。

次々と若い期にリレーして、同窓会が続いて行くのが楽しみです。

 

 徳丸 ひとみ(20期)

 

 

「大分上野丘高校」に特別な想い入れもなく何年も過ごして来たのですが、気が付くと周りにはいつも20期の同級生が居ました。そんな同級生たちに誘われるままに「60周年記念の大同窓会」に続き、「初回の全体同窓親睦会」のお世話役をさせて頂きました。何回かの打合せ会に出席する度、熱心に取り組む諸先輩方や後輩達に感心したり、細やかな提案や指示を出し、心遣いをみせる同級生に感激したり...。いつの間にか同級生だけでなく、先輩方や後輩達と「今現在」の時間を共にするようになりました。

全体同窓親睦会の当日、受付他で多少の反省点はありましたが、円陣を組み校歌斉唱のエンディングでは会の成功を確信し、お手伝いできた喜びで一杯でした。昨年の震災以来「絆」の文字を多く目にしますが、こんなに身近で「絆」を意識することができた瞬間でした。

同級生をはじめ良き先輩・後輩を得ることが出来た「大分上野丘高校」に感謝!

 

柴田眞美(20期)

 

 

開催30分位前より懐かしいお顔や同窓生らしい方々がぞくぞくとお集まり下さり、いよいよ第1回同窓生親睦会が始まると思うと胸が高鳴りました。・・・フィナーレでの校歌全員合唱は感動のあまり涙がでそうでした。

そして全てが終了してからの上尾さんの一言これも忘れられません。

 

(「この参加者数で丁度よかった。校歌全員合唱の輪は多くても少なくてもできなかった」)。

 

初めての企画を成功裏に導くための苦労はいかばかりであったかと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

こんな感動を味わわせていただけたのも4年前ビックアイでの高校60周年記念大同窓会に続き今回の同窓親睦会にわずかですが関わらせていただけた賜です。

ありがとうございました。

 

松島和代(20期)