大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

全体同窓親睦会2012 紙上収録:『幹事の声~名札係~』

(2012.07.13 掲載)

全体同窓親睦会2012 紙上収録:

 

『幹事の声~名札係~』

 

是久康子(35期・広報チーム)

 

『多くの同窓生が集まる懇親会だから、名札はあった方が良いと思います。』

 

 最初の会議の時からの意見でした。

「そっか、名札ね。」となんとなく、薄ぼんやりとしたイメージを浮かべながらお話を聞いていました。

  それまでの会合の時に楽しんで作った名札が、先輩方から喜ばれ、そんな流れから今回この懇親会の名札も作らせていただくこととなりました。(こんな私をよく知る同期生から「名札職人」と呼ばれつつ・・・)

 

「同窓生が和やかに集う懇親会なので、堅苦しくないものを」ということで、大先輩方は学校ごと、高校は10期毎にバックカラーを変えること、また、「桜の花」を飾ることを会議で承認いただきました。

「桜」は時期がずれていましたが、上野をイメージした時に一番に浮かぶのは、あの見事な桜並木ですので、季節感が伴わないことにはこの際目をつむり、「桜」に決定しました。

 

名札.jpg また4月の幹事会の終了後、「領収書をどうするか?」ということから、名札に一緒に印刷する案が出されました。私もこういった形の名札は初めてでしたが、簡単に出来た割には、好評をいただいたようで嬉しかったです。

 

そして今回、同窓会が名札ケースを新調してくださったおかげで、同窓会事務の植木さんと一緒にケースに中身を入れながら、中身のでき以上に立派出来上がっていく名札を見て、気恥ずかしささえ感じたほどでした。

 

名札を作る時お名前の間違いだけは厳禁と思い、かなりチェックをしたつもりでしたが、字の間違いがあった方がいらしたようです。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 

今回、お名前を入れバックの色を変える作業をしている時から、こんなにも多くの、しかも世代を超えた同窓生が集うことに小さな感動を覚えていました。そして、当日になって会場を埋め尽くすほどの笑顔の方々を拝見した時、大きな感動に変わりました。この会に参加でき、しかも幹事学年としてお手伝いできたことを、本当に良かったなぁと感じました。

受付やお見送りの時、たくさんの「笑顔」と「ありがとう」をいただいたからです。

 

同窓会は「横」も「縦」も笑顔が満載の素敵な会です。

今回参加してくださった方々に改めて広く深く教えていただきました。

 

どうもありがとうございました。

 

2.JPG 35期の受付係