大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

全体同窓親睦会2012 紙上収録:『同窓会長のご挨拶』

(2012.07.03 掲載)

全体同窓親睦会2012 紙上収録:

 

『同窓会長のご挨拶』

 

 

同窓会 会長 岩崎哲朗(20期)

 

 

 本日は多くの皆様方にお集まり頂き,心から感謝を申し上げます。高校からは校長先生をはじめ教頭の先生方もご参加いただいています。また,在京同窓会から塩月さん,関西同窓会から山本さん,福岡同窓会から鎮西さんが駆けつけてくれました。

 

 素晴らしいご講演いただきました55期の石松さん」,ミニコンサートにご出演いただいた私の同期の森さん,サプライズ出演の監事の村松さん,ありがとうございました。

 

 私は,同窓会の役割は同窓生の親睦をいかに深めるかに尽きると考えています。

横すなわち同期の方々の親睦は,自然とできあがるものです。しかし,縦すなわち期をまたいだ先輩・後輩間の親睦は,部活動を通じての集まり等,何らかのモニュメントのようなことがなければ機会が持てません。

 

 こういった形で縦の繋がりを作るという発想は,東京の同窓会に参加させていただいて思いつきました。

在京同窓会は,毎年200人以上の規模で開催されており,素晴らしい雰囲気で先輩後輩の懇親が行われています。

大分でもこういった集まりがあったら良い,このような会をやってみたいということを考えておりました。

 

 第一回目の懇親会は,昨年実施する予定でしたが,東日本大震災の影響で,延期することとなり,本日,開催することになったものです。全体懇親会は,「小さく始まり,少しずつその輪が広がっていけば素晴らしい。」と考えていました。ところが,その記念すべき第一回目の懇親会が,このように素晴らしいものになったことにつきましては,幹事期の皆様方のご尽力によるものです。心から感謝を申し上げます。

 

 この懇親会に多くの同窓生が集まることができるよう,来年以降は8月の第二土曜日(来年は8月10日)の夕方に実施することとなっています。理事会もそれに合わせて4時半頃から始め,懇親会は6時頃から始める,そして7時半過ぎには終了し,同期の方々の集まりがその後行われるようになれば素晴らしいと思っています。

 

 今後この全体懇親会が益々発展していく事を心から祈念致しまして,私の開会の挨拶とさせて頂きます。

本日はどうもありがとうございます。

 

岩崎会長.JPG