大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

工藤和信氏(20期)の詩集(3)

(2012.03.15 掲載)

工藤和信氏(20期)の詩集(3

 

 

『更地』

 

 

工藤和信

 

 

道路沿いの家並み

いつの間にか更地に

人々の思い 取り残され

雑草 生え始め

 

ガレキの山

粉塵 咽せ返すとき 

打ち上げられた船

有形に ただ 有る

横転する車 海底まで

流されまいと反骨

人影なく ただ 無形に

悲鳴 飛びかう街

六十六年前 への

フラッシュバック

巨大な雲の下

人々の一瞬の思い

板壁に投影された人影

存在したという強き意志

人為的なガレキの山

悪夢 甦り

 

手を合わす先に

煙 ゆらゆら天空に昇り

 

 

 

2011816 大分合同夕刊 掲載)