大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

工藤和信氏(20期)の詩集(1)

(2012.03.13 掲載)

工藤和信氏(20期)の詩集(1

 

あの日から1年。

 

今日から6回に亘り、大分合同新聞・読者文芸欄の「詩」の部門で年間賞を受賞した工藤和信氏(20期)の詩を掲載させていただきます。

 

2012311  広報委員(20期)

 

 

 

『この風』

 

 工藤和信

 

夕方から吹き始めた この風

群なし肩寄せあう水仙の花揺らし

裸木の小枝揺らして

屋根の上へ駆けぬける

 

西の街からやって来た この風

ここに立ち止まってはいけない

人々の家吹き抜け

遠くまで吹いて行け

 

東の街へ着いたなら

必ず陸風になってください

福島のそこで働く人々に

「頑張れ。」

ひとことメッセージ伝え

追い風になってください

 

東北の街へ着いたなら

どうか雨や雪を降らせないでください

そこには涙の枯れた人々がいます

南の風と一緒になって

体と心を暖かく包んでやってください

 

 

2011412 大分合同新聞 掲載)