大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

『幹事の声:受付係』35期・女子

(2012.07.11 掲載)

『幹事の声:受付係』

35期・女子

私たち35期は受付のお手伝いを担当することになっていました。

事前に「スタッフは、おそろいのブルーの法被を着るのよ」と聞いていたので、楽しみにしていました。

そのとおり、会場には爽やかなブルーの法被が準備されていました。

素敵なブルーで、背中には「校歌」が染め抜いてありました。

法被/後ろ姿.jpg

9時45分から、中村さん(20期)を中心にして、最終打ち合わせが始まりました。

手渡された「幹事用レジュメ」「タイムテーブル」には、とても詳しく、また細かい動きと確認が指示されてありました。

あまりに「完璧な進行表!」に恐れ入るとともに、(がんばろう!受付!)というファイトが湧いてきたのでした。

幹事打ち合わせ.jpg 

10:00になり、参加者の皆さんが会場にお見えになり始めました。

私たちは挨拶を交わしながら、受付をさせていただきました。

参加費のやり取りの中で先輩方から、「おつりはキレイなお札からお渡ししてね。そのほうが、気持ちいいでしょう。私なんて、クシャクシャになったおつりをもらったら、ガックリきちゃうわよ。」

と、ご自身のご経験からの、ありがたくもユーモアたっぷりのアドバイスをいただきました。

たいへん勉強になりました。

 

続々と参加者の皆さんが受付を通られる時でした。

第一、第二高女の皆さんだったと思います。

素敵な笑顔で、

「まぁ、ブルーがいい色やね~。よくお似合いよ~。」

と声をかけてくださいました。

その一言で、一気に受付会場は、盛り上がりました!!

おそろいの法被は、大成功でしたね!!

 

そうそう、さすが我らが35期だ!と思ったことがありました。

今回、熊本から参加する友人と、福岡から参加する友人がいたのですが・・・

2人とも普通にスタッフとして、お仕事頑張っていました。(笑)

「県外からはるばる参加するんだから、もう、参加するだけで十分だよ~」

とはならず、お互いに、「幹事グループだから。」と認識し合っていたところはエライでしょう。(笑)

こういう気を遣わなくてもいいところが、同級生のいいところかなと思いました。

35期/受付.jpg