大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

全体同窓親睦会2012 紙上収録:『幹事の動き(2):揃いの法被で』 20期・男子(広報委員会)

(2012.07.06 掲載)

全体同窓親睦会2012 紙上収録:

 

『幹事の動き(2):揃いの法被で』

 

20期・男子(広報委員会)

 

「全体同窓親睦会は明るく楽しいイメージにしたいね!」という声が挙がりました。

 

「大同窓会のドームに立っていた幟を飾ろう!」

「甲子園で応援団が持ち続けていた校旗もあるぞ!」

次々とアイデアが提案され実現の運びに。

 

2008年夏の大同窓会の時の水色のTシャツは目立っていたよね!」

「でも、今度の会場は5月のホテルだからTシャツは微妙やなあ~」

「法被だったら服の上から羽織れるね」

「暑いかも知れないから七分袖に」

「共通ワードは、やっぱり校歌やろ」

こんな話し合いを経て、あの「水色の法被」が誕生。

 

「法被姿で幟を持って1階段のロビーに並ぼうか?」

「竹町からホテルに続く歩道に並んだら?」

こんな意見も出ていましたが、聞こえない振りをして先送りにしました。

 

予算の関係から今回は40着を新装。

デザインは幹事グループ有志で決め、準備会議に参加してくれたメンバーに着ていただくことになりました。

  写真は受付開始前に勢揃いした初代幹事グループです。

 

幹事全員.jpg 

この日の好評をキッカケに、この法被は翌月の在京同窓会にもレンタル出場しました。

 

(次回からは、当日の諸係を務めてくれた人達のメッセージを紹介します。)