大分県立大分上野丘高等学校同窓会ホームページ<公開版>

『全体同窓親睦会の新旧幹事交流会/その2~乾杯と全員スピーチ~』

(2012.11.01 掲載)

『全体同窓親睦会の新旧幹事交流会/

その2~乾杯と全員スピーチ~』

 

同窓会広報委員長 上尾裕昭(20期)

 

全体同窓親睦会2012の幹事学年の中では最上級生になる10期の後藤弘文先輩の御発声で、会場全体に「乾杯!」の声が響き渡りました(写真12)。

 

2年間に亘って準備を進めて来た幹事グループと、「来年は私達が・・・」という思いで駆けつけてくれた2013年度の幹事学年の皆さんの会合ですので、盛り上がらないはずはありません。

初対面なのに世代を超えて話が弾むことが、同窓会の不思議な魅力です。

 

若い順に学年毎にステージに上がって11分間のスピーチをしてもらう間に、お互いの名前と顔が一致して来ました。

同窓会の役員を務めて下さっている人達も学年順の登壇です。

橋本仁副会長は来年の全体同窓親睦会2013の幹事代表として意気込みを熱く語り、岩崎哲朗同窓会長(20期)は他の会合を抜け出して駆けつけてくれました。

篠永朋子副会長(13期)は女性らしいエレガントな語り口で「同窓会誌」のアピールをして下さいました(写真3)。

 

 

 

 

【写真1】後藤弘文先輩(10期)

 

DSCN1625.jpg【写真2】乾杯

 

DSCN1627.jpg【写真3】篠永朋子 副会長(13期)

DSCN1631.jpg